群像社ロゴ     群像社ロゴ  


自然の猛威に命をあずけなければ生きていけない人間たちがいた
春の奔流 ウラル年代記@
カバー写真
ヨーロッパ・ロシアの辺境ウラル山脈の山間をぬって走る急流で
春の雪どけ水を待って一気に川を下る艀(はしけ)の輸送船団。
年に一度の命がけの大仕事に蟻のごとく群がり来る数千人の人足。
死と背中合わせの人間たちの生きざま、息をのむ緊張の連続が目前に繰り広げられるルポルタージュの大迫力。

定 価:1,800円+税

著者 マーミン=シビリャーク
訳者太田正一(オオタ ショウイチ)
叢書名:群像社ライブラリー 15
ISBN4-905821-65-7 C0398
出版年:2005.2
判型:B6変 頁数:272ページ
在 庫:アリ
分 野:ロシア文学・紀行
▼目次・著者について

 ウラル年代記 3部作
 A 『森』
 B 『オホーニャの眉』
 

 

 
 

 

読者より


 
読者の声

群像社の書籍に関するご感想をinfo@gunzosha.comまでお寄せください。 


Copyright (c) GUNZOSHA Publishing Co., 2000 All Rights Reserved.
1-5-17-32, 113-0033, Tokyo, JAPAN TEL/FAX 81-3-5803-9515
##### info@gunzosha.com #####